w3-notes logo

cocochido

HTML/CSSリファレンス

CSS セレクタ

基本セレクタ

指定したクラスが適合する要素に適用される。
指定したidが適合する要素を選択する。
指定した要素を選択する。
すべての要素を選択する。

組み合せ

A条件に適合する要素の子孫でB条件に適合する要素を選択する。
A条件に適合する要素の直接の子でB条件に適合する要素を選択する。
A条件に適合する要素の直後で隣接するB条件に適合する要素を選択する。
A条件に適合する要素と同階層でそれより後方のB条件に適合する要素を選択する。
A条件またはB条件に適合する要素を選択する。

属性セレクタ

指定した属性が設定されている要素を選択する。
指定した値が属性値と等しい要素を選択する。
指定した値が属性値の先頭と一致する要素を選択する。
指定した値が属性値の終端と一致する要素を選択する。
指定した値が属性値の空白区切り文字列リストのいずれかと一致する要素を選択する。
指定した値が属性値の文字列中に含まれる要素を選択する。
指定した値が属性値と等しいか、属性値の先頭から最初のハイフン('-')までと等しい要素を選択する。
属性値の比較を大文字・小文字の区別をせずに行う。
属性値の比較を大文字・小文字の区別をして行う。

疑似クラス

指定条件のいずれかに合致する要素を選択する。
指定条件のいずれかに合致する要素を詳細度ゼロで選択する。
指定の条件以外の要素を選択する。
指定条件のいずれかに合致する要素を持つ要素を選択する。
指定の書字方向と一致する要素を選択する。
lang属性が指定値と等しい要素を選択する。
:link疑似クラスまたは:visited疑似クラスのいずれかに合致する要素を選択する。
未訪問のリンク要素を選択する。
訪問済みのリンク要素を選択する。
訪問中のURLと同じURLを持つリンク要素を選択する。
訪問中のページのURLフラグメントに対応するid属性をもつ要素を選択する。
訪問中のページのURLフラグメントに対応するid属性をもつ要素とその子孫を選択する。
セレクタの選択対象となっている要素を選択する。
マウスカーソルの位置にある要素を選択する。
アクティブな要素を選択する。
フォーカスを持っている要素を選択する。
要素がフォーカスを持っていてそのことを明示すべきであるとされる要素を選択する。
要素またはその子孫がフォーカスを持っている要素を選択する。
表示中の要素またはその先祖である要素を選択する。
:currentに先立って表示される要素を選択する。
:currentの続いて表示される要素を選択する。
リソースが再生中である要素を選択する。
リソースが停止中である要素を選択する。
disabled属性が有効でない要素を選択する。
disabled属性が設定された要素を選択する。
readonly属性が設定されている要素を選択する。
readonly属性が設定可能だがその設定がされていない要素を選択する。
プレイスホルダーが表示されている要素を選択する。
選択できる要素のうちdefault属性が設定された要素を選択する。
選択できる要素のうち選択中の要素を選択する。
状態遷移中の要素を選択する。
子孫をもたない要素、空もしくは空白だけのテキストを持つ要素を選択する。
value属性の検証結果が正常である要素を選択する。
value属性の検証結果が不正である要素を選択する。
min属性とmax属性が設定できる要素でそのvalue値が指定範囲内にある要素を選択する。
min属性とmax属性が設定できる要素でそのvalue値が指定範囲外にある要素を選択する。
required属性が指定されている要素を選択する。
required属性が指定可能だが未指定かfalseに設定されている要素を選択する。
ユーザーの操作直後にその検証結果が不正である要素を選択する。
ルート要素(常にhtml要素)を選択する。
コンテンツが空である要素を選択する。
指定した順番の子要素を選択する。
最後から数えて指定した順番の子要素を選択する。
同じ階層の最初の要素を選択する。
同じ階層の最後の要素を選択する。
兄弟のない唯一の子要素を選択する。
指定した順番にある特定の要素を選択する。
最後から数えて指定した順番にある特定の要素を選択する。
指定要素が階層内の最初の要素である要素を選択する。
指定要素が階層内の最後の要素である要素を選択する。
指定した要素が唯一の子要素である要素を選択する。
シャドウDOMのホスト要素を選択する。
指定したセレクタに合致するシャドウDOMのホスト要素を選択する。
指定したセレクタの子孫であるシャドウDOMのホスト要素を選択する。
指定した条件に合致する列の要素を選択する。
指定した条件に列の終わり側から数えて合致する要素を選択する。
定義済みの要素を選択する。
印刷する文書の最初のページを選択する。
印刷する文書の右ページをすべて選択する。
印刷する文書の左ページをすべて選択する。
フルスクリーン表示(全画面表示)の状態にある要素を選択する。

疑似要素

指定要素の先頭に疑似要素を作成する。
指定要素の最後に疑似要素を作成する。
リスト項目のマークボックスを選択する。
指定要素の最初の文字を選択する。
指定要素の最初の表示行を選択する。
ユーザーがマウス操作などで選択したテキストを選択する。
非アクティブなウインドの選択中テキストを選択する。
綴りが誤っているテキストを選択する。
文法の正しくないテキスト選択する。
全画面モードで表示されている要素の直下に擬似的に挿入されるビューポートサイズのレイヤを表す。
© 2020 ここちい堂. All rights reserved.