w3-notes logo

cocochido

HTML/CSSリファレンス

HTML 属性

グローバル属性

該当要素にフォーカスを当てるためのヒントとなるキーボードショートカットを指定する。
自動キャピタライズのためのヒントとなるキーワードを指定する。
クラス名を設定する。
要素が編集可能であるか否かを示す。
ブラウザ上でマウスを右クリックしたときなどに表示するコンテキストメニューを指定する。
一時的に保持するデータを要素に設定する。
コンテンツの書字方向を指定する。
ドラック可能な要素であるか否かを示す。
コンテンツをドラッグ&ドロップしたときの挙動を指定する。
要素を非表示にする。
文書内で重複のないIDを設定する。
編集可能要素の入力方法を指定する。
対象要素が指定したカスタム要素のように振る舞うようにする。
microdataにグローバルで重複のないIDを設定する。
microdataのプロパティを定義する。
microdataをitemscope外から取り込むためのIDを指定する。
microdataのアイテムの定義領域であることを示す。
microdataのデータ構造を規定するサイトのURLを指定する。
要素内コンテンツの主要言語を指定する。
リソースの改竄を検知するためのランダムな文字列を指定する。
シャドウDOM内のslot要素を該当要素に置き換える。
スペルチェックを行うか否かを指定する。
インラインでCSSの設定をする。
ブラウザでTABキーを押下したときフォーカスが当たる順番を設定する。
補足や注書きなどの情報を付与する。
自動翻訳ツールに対して翻訳すべき箇所とそうでない箇所を明示する。

要素固有属性

abbr
略記した別名を設定する。<th>
accept
選択可能なファイル種別を示すヒントを指定する。<input>
accept-charset
データ送信先サーバが受け付ける文字コードを指定する。<form>
action
データ送信先となるサーバのURLを指定する。<form>
allow
要素のフィーチャーポリシー設定する。<iframe>
allowfullscreen
要素内のコンテンツにフルスクリーン表示を許可するか否かを指定する。<iframe>
allowpaymentrequest
要素内のコンテンツにペイメントAPIの使用を許可するか否かを指定する。<iframe>
alt
対象要素のコンテンツが表示できないときの代替テキストを設定する。<img> <area> <input>
as
ロードするコンテンツの形式を指定する。<link>
async
対象コンテンツの取得をしているときに、そのほかの処理をブロックせず処理するように指定する。<script>
autocomplete
コントロールの自動補完入力の有効化を指定する。<form> <input> <textarea> <select>
autofocus
コントロールへの自動フォーカスの有効化を指定する。<input> <textarea> <button> <select>
autoplay
コンテンツの自動再生の有効化を指定する。<audio> <video>
charset
文字コードを指定する。<meta>
checked
コントロールが選択状態にあることを示す。<input>
cite
メッセージの引用元ドキュメントのURLを指定する。<blockquote> <q> <del> <ins>
color
色の指定をする。<link>
cols
1行の最大文字数を指定する。<textarea>
colspan
連結する列の数を指定する。<th> <td>
content
特定の属性に対する設定値を記述する。<meta>
controls
オーディオやビデオのコントロール(再生、ストップ、音量など)を表示するか否かを指定する。<audio> <video>
coords
ホットスポット(クリック可能)となる領域の座標を指定する。<area>
crossorigin
CORSの適用ポリシーを指定する。<link> <img> <audio> <video> <script>
data
外部リソースのURLを指定する。<object>
datetime
日付と時間を設定する。<time> <del> <ins>
decoding
画像をデコードするためのヒントを指定する。<img>
default
初期値として利用されべき情報であることを示す。<track>
defer
取得したスクリプトの実行タイミングを制御する。<script>
dirname
書字方向を送信するときの名称を指定する。<input> <textarea>
disabled
コントロールを非使用の状態にする。<fieldset> <input> <textarea> <button> <optgroup> <select> <option>
download
リンク先のリソースを指定した名称でダウンロードする。<a> <area>
enctype
エンコーディング種別を指定する。<form>
for
該当要素と関連付けるコントロールを指定する。<label> <output>
form
コントロールとform要素の明示的な関連付けを行う。<object> <fieldset> <label> <input> <textarea> <button> <output> <select>
formaction
フォームを送信するURLを指定する。<input> <button>
formenctype
フォームをポストメソッドで送信するときのエンコーディング種別を指定する。<input> <button>
formmethod
フォームを送信するときのメソッドを指定する。<input> <button>
formnovalidate
フォームを送信するときにコントロールの値検証を行わないようにする。<input> <button>
formtarget
フォーム送信後のレスポンスを表示するブラウジングコンテキストを指定する。<input> <button>
headers
該当要素とそれに対応するヘッダ要素のid属性を指定する。<th> <td>
height
要素の高さを指定する。<img> <object> <video> <canvas> <embed> <input> <iframe>
high
高レンジを示す最小の値を指定する。<meter>
href
リンク先や外部リソースなどのURLを指定する。<link> <base> <a> <area>
hreflang
リンク先リソースの言語を指定する。<link> <a>
http-equiv
プラグマ(ブラウザへの指示子)を設定する。<meta>
imagesizes
imagesrcsetに指定された画像のサイズを指定する。<link>
imagesrcset
ブラウザが最適な画像を選択できるよう複数画像のURLを指定する。<link>
integrity
取得したリソースの改ざんを検知するために利用するハッシュ値を含む値を設定する。<link> <script>
ismap
画像がサーバサイドのイメージマップであることを示す。<img>
kind
テキストトラックの種別を指定する。<track>
label
要素の意味を示すテキストを設定する。<track> <optgroup> <option>
list
自動補完の候補となる値の一覧を指定する。<input>
loop
くり返し再生をするか否かを指定する。<audio> <video>
low
メーターの高レンジを示す最小の値を設定する。<meter>
manifest
書類のキャッシュに使用するアドレスを指定する。<html>
max
最大値を設定する。<input> <meter> <progress>
maxlength
最大長を設定する。<input> <textarea>
media
外部リーソスが適用されるメディアをメディアクエリにより指定する。<style> <link> <source>
method
フォーム送信を行うときのHTTPメソッドを指定する。<form>
min
最小値を設定する。<input> <meter>
minlength
最小長を設定する。<input> <textarea>
multiple
複数選択の可否を指定する。<input> <select>
muted
音声をミュートするか否かを指定する。<audio> <video>
name
nomodule
スクリプトがES6モジュールをサポートしているブラウザでは実行されるべきでないことを明示する。<script>
novalidate
フォームの各コントールの値検証を無効にする。<form>
open
対象要素が開かれているか閉じられているを示す。<details> <dialog>
optimum
コントロールの最適値を設定する。<meter>
pattern
コントールの値が満たすべき条件をJavaScriptの正規表現で指定する。<input>
ping
リソースのURLとは別にリンクがクリックされた時に、ログ用にリクエストをPOST送信したいURLを設定する。<a> <area>
placeholder
コントールの値が未入力のとき入力欄に表示されるテキストを設定する。<input> <textarea>
playsinline
ビデオがインラインで再生されるように指定する。<video>
poster
ポスターフレームの画像URLを指定する。<video>
preload
リソースの事前取得に関する指示を設定する。<audio> <video>
readonly
コントールの値を読み取り専用とする。<input> <textarea>
referrerpolicy
外部リソースを取得するときのHTTPリクエストヘッダのReferrerヘッダにどのような値を設定するかを指定する。<link> <a> <img> <area> <script> <iframe>
rel
リンク元の書類とリンク先のリソースの関係性を指定する。<link> <a> <area> <form>
required
コントロールの値設定が必須であることを示す。<input> <textarea> <select>
reversed
番号を降順に割り振る。<ol>
rows
表示領域の行数を指定する。<textarea>
rowspan
連結する行の数を指定する。<th> <td>
sandbox
フレーム内コンテンツのセキュリティ規則を指定する。<iframe>
scope
要素と関連のあるほかの要素を指定する。<th>
selected
項目が選択中であることを示す。<option>
shape
ホットスポット(クリック可能)となる領域の形状を指定する。<area>
size
コントールのサイズを指定する。<input> <select>
sizes
srcsetに指定されたリソースの表示サイズを指定する。<link> <img> <source>
span
結合する列の数を指定する。<colgroup> <col>
src
リソースのURLを指定する。<img> <audio> <video> <source> <track> <embed> <input> <script> <iframe>
srcdoc
iframe内に表示する書類のソースコードを指定する。<iframe>
srclang
テキストトラックの言語を指定する。<track>
srcset
ブラウザが最適な画像を選択できるよう複数の画像URLを指定する。<img> <source>
start
開始番号を指定する。<ol>
target
リンクした文書を開く方法を指定する。<base> <a> <area> <form>
type
リソースの各種タイプを指定する。<style> <link> <ol> <a> <object> <source> <embed> <input> <button> <script>
usemap
使用するイメージマップの名称を指定する。<img> <object>
value
コントールの値を設定する。<li> <data> <param> <input> <button> <meter> <progress> <option>
width
要素の幅を指定する。<img> <object> <video> <canvas> <embed> <input> <iframe>
wrap
テキストの折り返し方法を指定する。<textarea>
© 2020 ここちい堂. All rights reserved.